鼻づまりを治す方法

スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加 

秋冬の鼻づまりの原因とは?

10月くらいから鼻が詰まり始めて、寒くなるにしたがってどんどん悪化していく・・・こういった症状の原因として考えられるのは、花粉やハウスダストなどによって引き起こされるアレルギー性鼻炎です。

 

しかし、実はあなたの鼻づまりの原因は、空気の乾燥かもしれません。10月になると、気温が一気に低下し、それと同時に湿度も下がります。湿度が下がると乾燥肌などで悩まされる方も多いですが、同じように鼻の粘膜も乾燥するんです。

 

乾燥すると鼻づまりになる?

 

乾燥するとなぜ、鼻が詰まるのか?という疑問を感じるかもしれません。乾燥すると、むずむずしたり、かゆみが発生しますよね。実はかゆみというのは、微弱な痛みなんです。要するに、痛みを感じるほどではないけれど、傷が付いている状態です。よく乾燥し過ぎて唇が割れたりしますが、乾燥によるかゆみも、ミクロレベルで同じような事が起きているんです。

 

傷が付くとどうなるかと言うと、それを修復するために、その部分にたくさん血が集められるんです。血液の中には傷を修復する物質が含まれているんです。血が集まり腫れることで、鼻が詰まるというメカニズムですね。

 

鼻の粘膜が乾燥すると、鼻づまりだけではなく、風邪を引きやすくなったりします。ウイルスを撃退する力が薄れてしまうからです。それゆえ、寒い時季には、乾燥肌対策と同時に、鼻粘膜の乾燥を防ぐ事も非常に重要なんです。

 

 

乾燥対策で鼻づまりを簡単に治す方法

 

基本的には、乾燥肌対策は、そのまま鼻粘膜の乾燥対策にもなります。加湿器やマスク、保湿クリーム、オイルなどを使って、鼻粘膜の乾燥を防ぎ、鼻づまりを解消させていきましょう。

 

マスクを着用する

 

マスクは簡単でありながら、非常に高い効果を発揮してくれる乾燥対策です。薬局などで売っている普通のマスクでOKです。マスク内の湿度が保たれるため、吸い込む空気が潤い、鼻粘膜の乾燥を防ぎます。

 

問題なければ一日中付けていても良いですが、仕事などで難しい場合もあると思います。出来る範囲で装着する事をお勧めします。

 

鼻にオイルを塗る

 

乾燥肌対策のために、顔や手足にクリームやオイルを塗っている方も多いと思いますが、鼻の中も同じように保湿してあげると、乾燥しにくくなります。

 

出来れば無臭のオイルを綿棒に付けて、左右の鼻の穴に塗ります。奥に突っ込み過ぎると痛いので注意しましょう。

 

夜寝ている間は特に乾燥しやすいので寝る前に塗るのがオススメです。後は、お風呂上りや朝起きてすぐなど、1日に数回塗るようにしましょう。

 

蒸気で鼻を保湿

 

蒸気を吸い込むことで、鼻粘膜の潤いを保つことができます。オススメの方法は、大きめの水筒に熱湯を入れておいて、一時間おきくらいに、お湯を飲みつつ蒸気を吸い込むと言う方法です。水分補給にもなるし、身体を温める効果もあるので、一石三鳥です。

 

私の場合は、朝は特に乾燥しているので、朝起きてまずお湯を沸かして、鼻を保湿してからオイルを塗ります。

 

鼻を掘らない

 

これは結構重要です。いくら保湿しようが、鼻をかむ際に鼻の穴を掘ると、水分が奪われますし、鼻粘膜はデリケートなので、すぐに傷が付きます。

 

いくら鼻の中が気持ち悪くても、掘ってはいけません。

 

こまめな水分補給

 

体内の水分が足りなくなると、まず真っ先に粘膜の水分が奪われていきます。もっと重要な器官に水分が回されてしまうんです。

 

それを防ぐためには、こまめな水分補給が重要です。最低でも1時間おきに水を飲みましょう。喉が渇いたと感じた時点で、水分が足りていないという説もあります。

 

水を飲む際は、がぶ飲みしないようにします。一度にたくさん摂っても、不要な水分として、すぐに尿になって捨てられてしまうからです。

 

加湿器を使う

 

マスクだけでも、十分に効果ありますが、更に保湿するには、加湿器を使用しましょう。マスクして寝るのはなかなか難しいので、寝ているときの乾燥対策としても効果的です。

 

加湿器は色々タイプがありますが、加湿能力の高いスチームタイプの物がオススメです。よくあるアロマ的なお洒落な加湿器は超音波式のものなんですが、これは加湿能力が弱いのでダメです。

 

スチームタイプの加湿器は、お湯を沸かして蒸気を発生させるというシンプルな物ですが、加湿力は圧倒的です。作りが簡単なので手入れが楽なので非常に使いやすいですよ。

 

栄養素で鼻粘膜を正常化

 

バランスの良い食事をしましょう、と言う一言に集約されますが、粘膜を正常に保つためには、特にビタミンAは重要です。

 

野菜を食べる習慣がない方は、積極的に野菜を取り入れていきましょう。ビタミンAは、ニンジン、モロヘイヤ、ほうれん草、春菊などの緑黄色野菜にたくさん含まれています。これらの野菜に含まれるβカロチンが、体内でビタミンAに変換されるんです。最悪、野菜ジュースでも良いですが、βカロチン含有量の多いものを選びましょう。

 

まとめ

 

毎年、秋冬に鼻づまりで悩まされている方は、上記の方法を試していただくと、かなり改善されると思います。

 

鼻粘膜が乾燥によって傷ついている場合、修復されるのに、1週間くらいはかかります。なので、効果が出なくても、ある程度長いスパンで様子を見ながら実践してみてください。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加