布団のダニ退治は不要

スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加 

布団のダニ退治は不可能?

布団には無数のダニが存在していて、ダニはアレルギーの原因になるから退治した方が良い。」

 

ごもっともな意見ですよね。実際に私もダニアレルギーなので、布団のダニは退治したいです。
しかし、布団のダニを退治するのって、想像している以上に難しいのです。

 

私は子供の頃から、かなり重めのアレルギー性鼻炎で、20年以上も悩んでいました。
毎日、鼻水、鼻づまり、くしゃみに悩まされていたので、鼻をもぎたいと何度思った事か・・・(苦笑) 

 

ダニがアレルギーの原因だと分かってから、ダニ退治の方法を色々と試してみましたが、
どれも思ったような効果を上げることは出来ませんでした。

 

というか、ダニって肉眼では認識できない生き物ですから、
ダニ退治といっても、本当に退治できているのかどうか、判断するのが難しいのです。

 

もし布団のダニを退治出来たとしても、ダニの死骸が残っていればアレルギー症状は出ます。
というのも、ダニアレルギーというのは、ダニの死骸と糞がアレルゲン(アレルギーの原因物質)だからです。
掃除機でいくら吸い込んでも、布団内部のダニの死骸や糞を完全に取り除くことは難しいでしょう。

 

 

布団のダニ退治をしなくてもアレルギー性鼻炎が改善された

布団のダニ退治はしなくても良いというのが私の考えです。
もちろん布団の環境を良くするという意味ではした方が良いですよ。

 

ダニ退治の方法として良く紹介される、天日干しや布団乾燥機などは、
布団の湿度を減らし、ダニが繁殖しにくい環境を作ることが来ます。
でもダニ退治しなくてもダニアレルギーは改善できます。

 

ダニを退治(ダニ、死骸、糞を一掃)出来ているのか判断出来ないのであれば、
してもしなくても同じというか、時間と労力とお金の無駄だと思います。
実際私はダニ退治に、多くのお金と労力を掛けましたが、意味ありませんでしたから。

 

今は、布団のダニ退治を全くしていませんが、ダニアレルギーの症状はほとんどありません。
薬を服用しているとか、体質改善をしたとか、そういう事はしていません。

 

防ダニの布団と布団カバーを使っているだけです。

 

⇒防ダニ布団の詳しい解説はコチラでしてます

 

防ダニ布団カバーとは、簡単に言えば、ダニが通れないくらい、細かく繊維を編んだ生地で作られた布団カバーです。
要するに防ダニ布団カバーで布団を包んでしまえば、ダニが外に出てこれなくなるため、アレルギーが改善するという事です。

 

 

 

レイコップでダニ退治??

レイコップなどの布団専用掃除機は日本でも大ブームになりましたよね。
レイコップを使えばダニ退治出来ると思っている人も多いですが、それは勘違いです。

 

レイコップで退治できるのは、細菌やバクテリアです。
吸い込み口の横にUVライトが付いていて、それが殺菌効果があるという事ですね。
UVというのは、太陽光にも含まれている紫外線の事です。

 

ではレイコップを使えば天日干しと同じ効果が得られるのかというと、それは間違いです。
天日干しの一番の目的は、布団の湿気を取る事です。
レイコップでは湿気は取れないので、天日干しの代わりにはならないのです。

 

という事で、レイコップではダニ退治は出来ないですが、
ダニの死骸や糞をある程度は除去できるのではないかと思います。
その為、レイコップを使用したらアレルギーが改善されたという人もいるのだと思います。

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加